お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて昨日の銀行のぼったくり手数料を払わないようにするにはどうしたらいいのか?の続きです。

具体的に都市銀行の手数料を見てみると、ATMは平日の昼間以外は105円、提携ATMでは210円かかるのが一般的なようです。(最近は一定の条件の元に優遇措置もあるようです)
ほんと何で自分のお金を引き出すのにお金を払わなけれならないのか疑問です。特に預け入れの際にも手数料がかかるというのは理解に苦しみます。

そんな中、新生銀行は僕のちっぽけな叫びに応えてくれるサービスを提供してくれています。
新生銀行ATMとセブン-イレブン等にあるセブン銀行のATMでは手数料0円。ゆうちょ銀行および郵便局のATM、都市銀行やその他いくつかの金融機関での引出手数料を一旦取られますが後でキャッシュバックされて実質手数料0円になります。

振込手数料でも都市銀行ではガッツリ手数料を取られます。同じ銀行でも他店舗であるだけで手数料が多くなったりします。全く意味がわかりません。
新生銀行ならインターネットバンキングでの振込が月1回無料です。(ちょっと前までは複数回無料だったのですが・・・)

消費者から見れば当たり前のサービスを大手である都市銀行が実施してくれないのは非常に残念です。まあ非常に大きい収入でしょうから経営的にはなかなか止められないのはわかりますが、こっちはそんなこと知ったことではないので営業努力でなんとかして欲しいと思うばかりです。そんな都市銀行へのささやかな抵抗として僕は新生銀行を愛用し、今後一切ATM手数料は払わないぞ!とお星様に誓いたいと思います。

ATM手数料といえど仮に月3回提携ATMで時間外引出して月1回の3万円以上を他行宛振込手数料を払っている人だとその費用は年間約12,000円になります。銀行の手数料が馬鹿馬鹿しくなった方はメインバンクを新生銀行に変えてみてはいかがでしょうか。

ということで今回の節約金額は12,000円/年でした。
次回はまた違うネタを書きます。



FC2blog テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2008/07/02 00:18】 | 節約
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック