お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回はFXの手数料について考えます。

外貨預金でも投資信託でもガッツリかかった手数料。
FXでも当然かかってくると考えられます。
後で泣きを見ないように調べてみたいと思います。

色々と見てみるとどうも
FXの手数料には取引手数料とスプレッドというものがある模様。
しかしFXの業者のホームページというのは非常に簡素ですね。
口座開設へのリンクしかなくて情報が非常に少ないです。
なんかサービス精神の足りなさを感じます。

さて、取引手数料は読んで時のごとく取引する度にかかる手数料で
1万通貨あたり100円、といった感じでかかってくるようです。
手数料0円などという文言も飛び交っており、手数料は比較的少ないようです。

もうひとつのスプレッドと言うのは買値と売値の差のようです。
1ドルを売買するときの買値が100.05円で売値が100円で1万通貨購入する場合
米ドルを買うときは1万ドル×100.05円/ドル=1,000,500円がかかるのですが
すぐに円に買い戻すと1万ドル×100円/ドル=1,000,000円になってしまうということで
単純に500円を損するということのようです。

この手数料が具体的にどれぐらい効いてくるのかを引き続き調べてみます。



【2008/09/01 00:18】 | 小遣い稼ぎ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック