お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリーの高性能OSであるubuntuですが
(ubuntuについての詳細は→http://www.ubuntulinux.jp/
これを使用することでパソコン本体の購入代金を節約することができます。

unbutuの動作環境は384MBのRAM(Desktop CDを使ってインストールする場合)と4GBのディスクスペースとされています。Windowsよりスペックの低いPCでも動作するので新しいPCを購入しなくても快適なPC環境を得ることができます。

例えば5?7年前ぐらいに購入した、Pen4のデスクトップやPenMのノートPCではWinVistaの動作は厳しいと思います。またWinXPでも長く使っている場合は動作が遅くなって来ていると思います。しかしubuntuはこれらのPCで十分快適に動きます。
すなわち、手持ちの古いPCのOSを入れ替える、もしくは中古で古いPCを安く入手すればubuntuによる快適なPC環境を得ることができます。

日経マーケットリサーチによると9月の店頭でのPCの平均価格は11万円ぐらいとされていますが、5年前のPCならヤフオクなどなら1万円台で購入できると思います。
また最近非常に人気がでているUMPC(ウルトラモバイルPC)の購入を考えるなら、5年前ぐらい重さ1kgのdynabookなどを入手してubuntuを入れれば十分活用できると思います。UMPCが大体5万円ぐらい、5年前のdynabookなら2?3万円で入手できます。

ということで新品PCを買うより10万円の節約。安いUMPCを買うよりも2万円ぐらい節約できる。
その上中古PCを使っていると環境にも優しい気持ちになれる気がします。
ubuntuでのパソコン購入代金節約、これはなかなかパワーがあります。



 私のおすすめオークション:



FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2008/10/19 00:02】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック