お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、ステップ2ですが
データを削除したいディスクを確認します。
どのデータ(メモリ)を削除したいのかなんてわかっとるわい!と言われそうですが
ここでいう確認とは削除したいデータ(メモリ)をubuntuがどう認識しているのか確認する作業になります。

ではその具体的な方法とは、Gprtedを起動します。
Gprtedとは非常に便利なパーティション確認・編集のソフトです。
ubuntuをCDから起動している人はすぐに起動できるのでよいのですが
パソコンにインストールしている人はGprtedをインストールする必要があります。
非常に便利なソフトなのでインストールしておいて損はないと思います。

インストールも簡単です。
左上のメニューにある「アプリケーション」から「追加と削除」を選びます。
アプリケーションの追加と削除が立ち上がったら
真ん中上の「表示」を「全ての利用可能なアプリケーション」に変更して
その右にある「検索」に「gparted」と入力すれば
下のアプリケーションの欄に「Gnome Partition Editor」というのが表示されると思いますので
その左にあるチェックボックスにチェックを入れて
右下の変更の適用を押せば完了です。後は勝手にインストールしてくれます。



ではGpartedを起動します。
起動は「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」として端末を立ち上げ
そこで以下のようなコマンドを実行します。

sudo gparted

起動したGpartedの右上にある「/dev/○d○」のところをプルダウンさせて
自分が削除したいメモリが何(/dev/○d○)と表示されているかを確認できれば
ステップ2は終わりです。




FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2008/11/11 00:02】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック