お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、やっとステップ3です。
また「アプリケーション」→「アクセサリ」→「端末」として端末を立ち上げます。
そこで以下のようなコマンドを実行します。
○d○にはステップ2で確認した、削除したいメモリで表示されていた文字を入れます。

shred -n 3 -v /dev/○d○

あとはひたすら処理が終わるのを待つだけです。
このコマンドは指定したメモリに対してランダムな書き込みを3回繰り返すコマンドなので
結構時間はかかります。
※米国コンピュータセキュリティセンター(NCSC)方式(NCSC-TG-025)水準らしいです。
私の環境で40GのHDDで実施した時は5時間ぐらいかかったと思います。

時間はかかりますが、メモリやHDDには過去にどんなデータを書き込んだかわからないので
後から読み出せないようしっかり削除することが大事かと思います。
Yahooニュースにも↓のような記事が載ってました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081110-00000025-zdn_ep-sci

ちなみにもっと徹底的に完全消去を行いたい場合は下記のコマンドを実施すると良いようです。
このコマンドはランダムな書き込みを25回行い、その後さらに0を書き込みます。

shred -z -v /dev/○d○

おそらく膨大な時間がかかると思いますが、かなり重要なデータを書き込んだものは
これぐらいやってもいいのかもしれません。

ということで、この方法を用いれば
ubuntuをインストールしている人はもちろん、
ubuntuを使ってない人もubuntuのCDを持っていれば
2000円ぐらいのデータ消去専用のソフト代を節約することができてハッピーです。



FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2008/11/12 21:57】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック