お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、具体的なバックアップ方法ですが
まず用意した交換用の原本と同じサイズのHDDを
USB接続できるケースに入れます。(ケース代は1000円ぐらい)
ケースにいれたHDDはPCに接続しておきます。

次にUbuntuのLiveCDをPCに入れ、CD起動からUbuntuを立ち上げます。

Ubuntuが立ち上がったら、左上にある「アプリケーション」から
「アクセサリ」→「端末」を選び端末を開きます。

端末に下記の文言を入力して「Gparted」というアプリを起動します。
$ sudo gparted

Gpartedが起動したら右上の方にあるプルダウンダブで
自分がバックアップしたい原本のHDDとバックアップ先にするHDDが何と表示してあるかを確認する(ex./dev/sda 等)
サイズも表示されるので間違ったHDDを選ばないように注意。



HDDの表示がわかったらGpartedを閉じて
同じく端末で下記のコマンドを実行します。
(ここでは仮に原本のHDDを/dev/sda、バックアップ先を/dev/sdbだったとします)
$ sudo dd if=/dev/sda of=/dev/sdb

このコマンドは /dev/sda を /dev/sdb にコピーするというものです。
パーティションやファイルフォーマット、データまでまるまるクローンさせることができます。

結構、時間がかかります。80GBで8時間ぐらいでした。

これで簡単にバックアップのHDDが作成できるので
あとは何ヶ月かに一回ぐらい新しく作り直しておけば
いざ、HDDが壊れた時は、単純にHDDを差し代えてしまえば
何事もなかったかのように元通りになります。

ちなみにパーティンションの構成が複雑だとうまくコピーできないことがありました。
まあ、パーティションを複雑に構成しているようなスキルの高い人は
こんなアナログなバックアップ方法はやらないと思いますが。。。


【2008/12/14 17:53】 | 小遣い稼ぎ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック