お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サブのWindowsのノートPCを使っていたら

「Local Setting」フォルダの下の「Temp」の中に

拡張子が「.VPO」というファイルがどんどん増殖し

ウイルスソフトがトロイの木馬だと認識して削除し続けるという現象が起こった。

WEBで検索しても同じようなケースは見つからず

増殖→削除→増殖→削除→・・・・という動きが延々と続くので非常に困りました。

その時ふと、Ubuntuだったらこのファイルを削除できるのでは?と思いつき

そのノートPCでUbuntuをCD起動させました。

問題のフォルダへ行くと、増殖を繰り返すVPOファイルが

増殖することもなく、普通にありました。

おもむろに選択して「削除っ」!とするとあっさりファイルは削除できました。

その後、Windowsを立ち上げ直してみると

あのうっとおしい、増殖→削除→増殖→削除→・・・のうごきはなくなり

何事もなかったように使用できました。

さすが、Ubuntu。こんなWindowsの不具合まで回復させてくれるとは。

Ubuntuを使っていてよかったと思う一幕でした。



FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2009/09/26 23:00】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック