お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガラケーとデータ通信専用のスマホの2台持ちをしていると、ついついガラケーを家に置き忘れてスマホだけ携えて外出してしまったりします。

そんな時に限って電話しなければならない用事が発生したりするので、そんな事態にも対応できるようにスマホも通話の発信ができるようにしておくと便利ですよね。

データ通信専用のSIMを挿したスマホであっても、IPフォンなら使用できます。

iPhoneで使えるIPフォンは色々ありますが、一番メジャーなのはSkypeです。

Skypeにも月額料金であったり、着信の電話番号を持てたりと色々なサービスがあるのですが、とりあえず固定電話や携帯電話に発信できればいいやという事であれば何円か分のプリベイドさえ購入すればすぐに電話を発信できるようになります。

そのプリベイド料金ですが色々な国の通貨によってお得度が変わりそうなのでちょっと調べてみました。

プリベイド料金でSkypeを使う場合、通話料と接続料というものがかかってきます。
通話料と接続料を合わせた固定電話にかける時の各通貨における1分の料金は以下の通り

円:13.1円
ユーロ:11.2セント
米ドル:11.5セント
韓国ウォン:149.0ウォン

これを2012年8月24日時点の為替レートで円にすると以下のようになります。

円:13.12円
ユーロ:11.04円
米ドル:9.02円
韓国ウォン:10.32円

という事でプリベイドは米ドルで購入するのが一番お得なようです。
まあほどんど使わないうえに1分の通話で数円しか変わらないですが
やっぱり損はしたくないですよね。

あとはFUSION IP-Phone SMARTであれば
月々の基本料金は不要で8.4円/30秒なので
そっちも使ってみたいですね。

【関連エントリー】
- マクドナルドのiPhoneアプリはキャリアメールじゃなくても(Gmailでも)使える!
- BIGLOBEの「ほぼスマホ」付きの3Gデータ通信はお得なのか?
- Amazon限定の魅力的な500MB/月1,980円のSIM。IIJmioから乗り換えるべきか。。。
- IIJmio高速モバイル/Dサービスの速度を再計測してサービス開始時と比較する!
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!







【2012/08/29 22:16】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック