お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


b-mobileから魅力的な商品がでましたね。

日本経済新聞「日本通信からアマゾン限定SIM、500Mバイトで月1980円」

ドコモのLTE&3Gの通信が利用できて500MB/月まで1,980円。

カメレオンSIMなんかがでた時は「なんじゃこのわかりにくい商品は」と思いましたが、今回の商品はシンプルでとてもいいですね。

ただ、b-mobileには「1GB定額」の激遅通信で痛い目にあっているのでLTE&3Gの通信速度が快適なレベルになっているのかどうかはとても気になるところです。

値段設定もいい感じですね。

欲を言えば500MBを超過した時にもう少しだけお得な追加プランがあればよかったのですが、この商品は500MBを超えてしまうと1,980円で500MBを追加するしか選択肢がありません。

しかも追加した500MBもきっちりと月締めのタイミングで清算されてしまい、翌月には持ち越せないのがドライな感じです。

毎月の通信費を削減する為に、通信速度が満足できるレベルなら乗り換えたいところですが

ちょうど私は毎月500MBを少し超える程度の通信をしており、毎日通信量を気にする落ち着かない日々を過ごす事になりそうなのでまだIIJmio高速モバイル/D ファミリーシェア1GBプランを継続したいと思います。

【関連エントリー】
- IIJmio高速モバイル/Dサービスの速度を再計測してサービス開始時と比較する!
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!
- 「基本料0円SIM」の用途ならWiMAXの白ロムを持っといて「UQ 1Day」を使った方がいいのでは?
- b-mobile1GB定額が遅すぎるので他のSIM単体契約が可能なデータ通信サービスを色々と比較する!
- AtermWM3600Rが物欲をそそる、けど料金はわかりにくい。調べてみた。







【2012/06/10 22:23】 | 高速データ通信
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック