お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年が明けて寒さは増すばかりですね。

こう寒いと暖房は必須ですが、そうなると電気代が気になってしまいます。

少し前の記事ですがライフハッカーに以下のようなエントリーがアップされていました。
ライフハッカー:「我慢しないで電気料金を安くするコツ」

内容は以下のような感じです。
1,エアコンは部屋を暖めるのに時間がかかる
2,エアコンは部屋を暖めている時にとても電気代がかかる
3,エアコンは室温維持ではほとんど電気代がかからない
4,部屋を暖める時にファンヒーターを使えば空気も汚さず、電気代もセーブできる

なるほど、なるほど。ですね。

ただ、具体的な金額例が記載されていないのでいったいどのくらい節約できるのかが今ひとつハッキリしないです。

という事で計算してみる事にしました。

前提ですが
電気代は22円/kWh
灯油代は100円/L
エアコンと石油ファンヒーターの数値は価格コムで一番人気の機種を採用
(エアコン:Panasonic CS-221CF、石油ファンヒーター:ダイニチ FW-567L-W)
部屋を暖める時はエアコンも石油ファンヒーターも最大出力とする
部屋を暖めるのにエアコンだと30分、石油ファンヒーターだと15分とする
(仕様の暖房能力という数値はだいたい石油ファンヒーターがエアコンの倍ぐらいなのでイイ線かと)
室温維持する時、エアコンは最小出力とする


1日8時間暖房機器を利用しての1ヶ月のコストを比較します。
部屋を暖めるのは1回/日と仮定します。


まずはエアコンのみの場合
部屋を暖める運転時のコスト
1.19kW(最大消費電力)× 15h(時間)× 22円/kWh(電気代)= 393円

室温維持のコスト
0.13kW(最小消費電力) × 225h(時間)× 22円/kWh(電気代)= 619円

合計で1,011円となりました。


次に部屋を暖めるのは石油ファンヒータ、室温維持はエアコンの場合
部屋を暖める運転時のコスト
0.54L/h(最大燃焼消費量)× 7.5h(時間)× 100円/L(灯油代)=408円
石油ファンヒーターは電気代もかかるようです。
0.19kW(最小消費電力) × 7.5h(時間)× 22円/kWh(電気代)= 31円

室温維持のコスト
0.13kW(最小消費電力) × 232.5h(時間)× 22円/kWh(電気代)= 639円

合計で1,078円となりました。


あれ?石油ファンヒーターとエアコン併用の方がコストが高くなってしまいました。
前提が間違っていたかな?

いずれにせよ月1,000円ぐらいしかかからないエアコン代を頑張って節約しても、数百円レベルにしかなりそうにないですね。くたびれ儲けになりそう。。。


【関連エントリー】
- トイレットペーパーをティッシュペーパー代わりに使えば節約できそう。
- Googleマップナビに渋滞機能がついに搭載される!スマホがあればもうナビはいらない?!
- 年賀ハガキは金券ショップでお得に購入&プリンターと無料のインク節約ソフトでさらにお得!!
- ドミノピザがFacebookでLサイズのピザが半額になるクーポンを配りまくるパーティーを実施中!
- Twitterにも広告サービスがあるのか!?








FC2blog テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2012/01/17 23:46】 | 節約
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック