お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて前回のエントリー「薄型テレビで本格的にインターネット系のサービスを使いたいなら「Google TV」か「android TV」がいいんじゃないか?!」で薄型テレビを購入する際に「YouTubeをテレビで見てみたいから、いらない機能もいっぱい付いてきちゃうけで上位機種の方にするか!」なんて思っている人は「Google TV」「android TV」と呼ばれる端末の導入を検討した方が節約になるのではという事を書きました。

では具体的に「Google TV」「android TV」というのはどんな製品があるのでしょう。

色々と端末が世に出てきていますが最もメジャーなものは「Logitech Revue」かと思います。
日本では発売していないのですがamazon.comでは販売されており、少し前に値下げされて今は99ドルで販売されています。
当初は日本への配送もNGで中継業者に依頼する必要があったようですが、今はamazon.comから日本への配送ができるような気がします(未確認ですが。。。)。

高級感がありかなりカッコいいのですが、日本で使うには以下のような問題点があるようです。
1,UIがスマートフォンのandroidとは全然違ううえに最初は英語表記なので初期設定に迷う
2,UIがスマートフォンのandroidとは全然違うから初期設定後の操作も迷う
3,androidマーケットが使えない(つい先日アップデートによって対応するというニュースがありました。但し、この機種もちゃんとアップデートされるかどうかは不明)
4,Flashの日本語がバグるらしい
5,プリインストールされているテレビ系のアプリはアメリカ前提の為、日本では使えない

値段は安いですし、カッコいいのですが購入が海外からだったり、初期設定などちょっとハードルがたかそうな感じもしますね。


もう一つ紹介する機種はちょっと怪しげな中華系機種の臭いがただよう「FV-1」というものです。
仕様に関しては以下の楽天ショップがわかりやすく説明してますが
1GHzのCPUを搭載していたり無線有線LANに対応していたりと十分なスペックとなっています。

こちらはUIがスマートフォンでおなじみのAndroidの画面なので直感的に操作できますし、アプリなんかもおなじみのものばかりです。

リモコンを動かすとカーソルが動くという感じになっており(Wiiのような操作感、Wiiより感度は悪いですが)結構扱いやすいです。

USB端子が3つあって外付けのHDDやメモリーカードなどを接続するとストレージとして読み書きできますし、キーボードやマウスも使用できます。

Androidマーケットはプリインストールされているのですが、どうもWiFi接続だとログインできないようです。これはAndroidの仕様のようですが3G接続じゃないと最初のログインができない模様。モバイルルーターと接続するとログインできてマーケットが使えるようになりました。

リモコンだと文字入力が少し大変なのですが、この機種はbluetoothキーボードにも対応しているようで、タッチパッドもついたキーボードなども用意するととても便利かもしれません。

楽天やamazonでは1万円を超える値段になっていますが、ヤフオクなら1万円を切る価格で購入できるようです。
薄型テレビでネット機能を色々と使いたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

【関連エントリー】
- 薄型テレビで本格的にインターネット系のサービスを使いたいなら「Google TV」か「android TV」がいいんじゃないか?!
- iPhone4Sはau、SoftBank、b-mobile&SIMフリーのどれがお得なのか??
- アルカリ電池が充電できるらしいが、エネループとどっちが得なんだろう?
- b-mobile以外にもモバイルSIMカードを契約する選択肢が出て来た!!
- 小学校入学前の幼児の教材が無料で手に入るサイト!







FC2blog テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2011/11/05 23:11】 | 節約
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック