お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本通信がイオン専用のb-mobile SIMを発表しました。
日本通信:イオン限定サービス

月額980円のプランや月額2,980円でb-mobile SIM U300よりちょっと速い通信速度400kbpsのプランがあったりと、すでに6ヶ月のU300を購入したての私には心中穏やかならぬものがありました。

しかし、情報が明らかになるにつれてイオン専用のb-mobile SIMはあまりお得じゃない気がしてきました。

その大きな要因は初期費用(事務手数料)が3,150円かかるという事です。

例えば月額2,980円のプランを6ヶ月間使ったとしたら合計21,072円を支払う事になります。
※明細 初期費用3,150円+(月額料金2,980円×6ヶ月)+(ユニバーサルサービス料7円×6ヶ月)=21,072円

amazonでb-mobile SIM U300の6ヶ月版は今日現在13,200円で、なんと7,872円もお得です。

100kbps速いというだけで6ヶ月で8000円多くお金を支払うかどうかですよね。

2年ぐらいイオン専用プランを使い続ければU300よりはお得になってくるのでしょうが、めまぐるしくデータ通信サービスが変わっていく昨今、この手のサービスを2年間も使い続ける可能性は低いような気がします。

しかもこの初期費用は一度サービスを止めて、再度サービスを開始する際にはもう一度払う必要があります。

色々な面でイオン専用プランを契約する必要性を感じる事ができない気がします。

【関連エントリー】
- auの新周波数切り替えで携帯が使えなくなる件の対応が何か嫌だ!
- b-mobile SIM U300で電話する方法!
- 一部のauのケータイが2012年7月に使えなくなる件の対応について
- HT-03Aでb-mobile SIM U300を使う時のアンテナチェックにはネギアンテナがお得で便利!
- HT-03AでFroyoのカスタムROM「CyanogenMod 6.1.0-DS 安定版」を試す。







FC2blog テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

【2011/06/18 23:07】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック