お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


auの一部の機種が2012年7月22日で使えなくなります。
どうやら総務省の周波数再編に伴うものらしい。

※参考
ケータイwatch「au、「CDMA 1X」サービスなどを来年7月に終了」

私はその対象らしく昨年末に突然DMが送られてきてその件を知りました。

DMの内容は対象の方だけにお得な価格で乗り換え機種を提供しますといったものだが、掲載されている機種も値段も全然お得じゃないレベルでした。

そもそも無料で乗り換えられる機種が無いし、スマートフォンはいっさい掲載なし。

2012年7月にサービス終了する事が決まったタイミングで再度DMが送られてきて、今度は無料の乗り換え機種があったが、欲しいとも思わないどシンプルな機種。スマートフォン無しは相変わらず、料金もお得感無し。

auは国のせいだからとでも思っているのでしょうか?

突然、高いお金を出して機種を買い替えないと使えなくなるよとユーザーに言っているのは無茶だと思わないのかな。

最近の業績が悪いのはスマートフォンの波に乗り遅れたからなんて言ってるけど、ユーザーに必要なサービスがわからなくなっているその企業体質が問題なんじゃないかな、なんて事を生意気にも感じてしまったりします。

【関連エントリー】
- HT-03Aでb-mobile SIM U300を使う時のアンテナチェックにはネギアンテナがお得で便利!
- HT-03AでFroyoのカスタムROM「CyanogenMod 6.1.0-DS 安定版」を試す。
- HT-03AでカスタムROM「StupidFast v1.0」を試す。
- HT-03AでカスタムROM「Dwang v1.17.1」を試す。
- HT-03AでFroyoのカスタムROM「GammaFly V1 for D/S」を試す。


【2011/05/08 22:22】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック