お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「「Try WiMAX」は無料で15日間もWiMAXが使い放題でとてもお得!」のエントリーで紹介した無料で15日間WiMAXを試す事ができる「Try WiMAX」を実力を体験しました。

まず自宅で使用した際には、普段使用しているマンションタイプの光よりも早く感じさせる超高速のデータ通信ができました。

その後、電車やバスなどで移動しながらも使用してみましたが、WiMAXのホームページで対象エリアとされている中であれば移動も問題なく、超高速のデータ通信ができました。

「建物内に弱い」という噂をなんとなく聞いてましたが、確かに駅などに到着すると時々通信が途絶えるといった事がありました。自宅ではなんら問題なかったですが、苦手な建物などがあるのかもしれません。

地下ではほぼ使用できませんでした。

新幹線でも使ってみましたが、東京-新横浜や大阪-京都といったエリア内であれば走行中の新幹線でも問題なく使用ができました。

つながれば超高速のデータ通信が可能で、走行中でもほぼ問題無いという事でWiMAXはかなりの実力である事を思い知らされました。

ただ、レンタルしたモバイルルーター「URoad-7000」という機種はイーモバイルのPoket WiFiのように自動で電波やWiFiをオフにするという機能がなく、都度手動でオンオフしなければならなかった為、使い勝手は非常に悪かったです。

最近の機種は自動オフ機能が搭載されているようなのでできればそちらを試したかったですね。

【関連エントリー】
- 「Try WiMAX」は無料で15日間もWiMAXが使い放題でとてもお得!
- 「DTI ハイブリッドモバイルプラン」の月額2,980円は一見魅力的だが。。
- 7人いればWIMAXがずっと無料で使える?!(多分無理だろうけど。。。)







FC2blog テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

【2011/03/27 22:13】 | 高速データ通信
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック