お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HDDを盗まれて大事なデータや恥ずかしいデータが流出しないように、無料で対策ができるフリーソフト「TrueCrypt」を使ってのHDD暗号化の方法をご紹介します。

まずはWindows,Linux,Macなど、自分の使っている環境に「TrueCrypt」をインストールします。
(インストールファイルは「TrueCrypt」のサイトよりダウンロード)

インストールして起動したら、「ボリュームの作成」を選択。
tr1.jpg

「非パーティション/ドライブを暗号化」を選択。
tr2.jpg

「標準ボリューム」を選択。(隠しボリュームが良い方はそちらを選択)
tr3.jpg

「デバイスの選択」をクリックして、暗号化したいHDDを選びます。
tr4.jpg

HDDをフォーマットしてもOKなら「暗号化ボリュームを作成してフォーマット」を選択。データはそのままに暗号化する場合は時間がかかりますがもう一つの選択肢を選びます。
tr5.jpg

暗号化のアルゴリズムを選びます。とりあえずよくわからないのでそのままAESで問題無いと思います。
tr6.jpg

選択したHDDのサイズを確認して間違いがなければ次へ進みます。
tr7.jpg

パスワードを設定します。今後、暗号化したドライブにアクセスする度に入力する事になるので打ちやすく、かつ複雑なパスワードが望ましいかと思います。
tr8.jpg

巨大なファイルを保存することがあるかもしれないので「はい」を選びます。
tr9.jpg

この画面で最後です。なにやらマウスをシャカシャカ動かしまくった方がよいらしいのでシャカシャカしまくります。気が済んだら「フォーマット」をクリック。
tr10.jpg

フォーマットにかかる時間はPCのスペックにもよるかとは思いますが、500GBで4時間ぐらいかかりました。

これで暗号化されたHDDが完成です。

使い方についてはまた次回。

【関連エントリー】
- 外付けハードディスクは暗号化しないと盗まれたら大変!(その1)


FC2blog テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

【2011/01/04 22:26】 | フリーソフト
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック