お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、無料で最高にイケてるOSのUbuntuをクリーンインストールでアップグレードする際の手順の3,4番目の方法をご紹介します。

以前紹介した4つの手順は以下の通り。
1,旧Ubuntuでアプリデータのバックアップ
2,新Ubuntuのインストール
3,アプリのインストール
4,バックアップしたアプリデータを戻す

「3,アプリのインストール」はめちゃめちゃ簡単。
画面左上にあるアプリケーションメニューからUbuntuソフトウェアセンターを立ち上げて
以前、導入していたアプリを検索窓に入力して探し、インストールするだけです。
ソフトウェアセンター1

次に「4,バックアップしたアプリデータを戻す」ですが、これもめちゃめちゃ簡単です。
「1,旧Ubuntuでアプリデータのバックアップ」でバックアップしたファイルを旧Ubuntuの時と同じ場所に戻せばOKです。
基本的には自分のホームフォルダに格納されてますので
ファイルブラウザのnautilusの「表示」メニューの「隠しファイルを表示する」にチェックをいれると表示される下の画像のような頭文字が「.」のフォルダにもどせば良いと思います。
backup1.jpg

とても簡単です。
Windowsではこうはいかないでしょうね。

簡単なのでアップグレードの度にクリーンインストールしてもさほど苦になりません。

【関連エントリー】
- デュアルブート環境でUbuntuをクリーンインストールでアップグレードする方法。
- Ubuntuをクリーンインストールでアップグレードする為にアプリデータのバックアップを取る。
- Ubuntuをクリーンインストールでアップグレードする。
- Ubuntu10.04のLiveCDのisoファイルから ...
- ウイルスにやられたWindowsPCをLinuxが救う!


【2010/11/04 23:03】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック