お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ではWineのバージョンアップですが

まずは普通にWineをインストールします。
詳しくは↓
http://blogs.yahoo.co.jp/okane_kangaeru/25170996.html

その後、↓WEBサイトに行って
http://www.winehq.org/download/deb
以下の2点の作業をします。

1,真ん中ぐらいにある
「For Ubuntu Intrepid (8.10):
deb http://wine.budgetdedicated.com/apt intrepid main #WineHQ - Ubuntu 8.10 "Intrepid Ibex"」
という記載のdeb以降(deb htt・・・・・Ibex")を右クリックでコピー。

2,さらにその少し下にある
「Download and save Scott Ritchie's key」を右クリックから保存で
デスクトップにでもファイルを保存。


続きまして、メニュバーの「システム」→「システム管理」→「synapticパッケージマネージャー」で
synapticを起動します。

synapticの「設定」→「リポジトリ」としてソフトウェアソースの画面を立ち上げ
「サードパーティのソフトウェア」タブの左下にある「追加」をクリック。



ポップアップした画面のAPT lineの空白に先ほどコピーした文字列を貼り付けます。


今度は「認証」タブへ進み、左下にある「鍵ファイルのインポート」をクリックし


先ほどデスクトップに保存した「Scott Ritchie.gpg」を選んでOKします。

右下の閉じるボタンでソフトウェアソースの画面を閉じて
再読み込みしたのちにsynapticを閉じると

画面右上にアップデートのお知らせがでますので
あとはUbuntuをアップデートすれば
Wineがバージョンアップします。

次はいよいよOffice2000をインストールします。


FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2009/04/09 22:08】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック