お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なかなか常用にできるようなFroyoのカスタムROMに出会えない日々です。

ふと、一昔前に「Dwang」とか言うカスタムROMがめさめさ速いというのを聞いた事があるような気がして

Androidのバージョンが1.6のカスタムROMですが試してみる事にしました。

今回試したのは「Dwang v1.17.1」というROMです。

入手先はコチラ

導入の手順は「CyanogenMod 6.0.0 RC3を導入しb-mobile SIM U300で動かす」のエントリーをご参照ください。

さて、導入しての最初の画面は懐かしい感じ。
動きはとてもサクサクです。デフォルトでもこうだったのかな?という気持ちになります。
dwang1_1.png

ただ、ロケールに日本が無いので
dwang2_2.png

メニューなどは日本語表記になりません。
dwang3_3.png

動きはいいのですが、あまりにもスッキリしすぎていてカスタムROMっぽくないのと、ロケールに日本が無いのが残念という感じです。

十分使えると思うのですがもう一歩。。。

【関連エントリー】
- HT-03AでFroyoのカスタムROM「GammaFly V1 for D/S」を試す。
- FroyoのカスタムROM CyanogenMod 6.0.0-DS-StableをHT-03A試す。
- CyanogenMod 6.0.0 RC3を導入しb-mobile SIM U300で動かす
- HT-03Aに「FroYo SP French Connection v2.9 SILVER EDITION」を導入してみる。
- HT-03Aにandroid2.2(FroYo)のCyanogenmod V6.0.0-RC1を導入してみる。


FC2blog テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

【2010/10/10 21:58】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック