お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、「第2世代iPod touchにiOS4.1を入れると少し動きが良くなった。」のエントリーで書いた通り、第2世代iPod touchのOSをiOS4.1にアップグレードしました。

するとバッテリーの減りが恐ろしく早くなりました。

どうやらスリープ中もガンガン減っているようで、夜充電を満タンにしても朝起きたらバッテリーが消耗し切っているといった感じでした。

色々とググってみて、再起動してみたり、データ入手方法をプッシュからオフに切り替えたりしてみましたが、まったく効果なし。

そこでさらに調査を進めていると「復元」すると治るかも、という情報にたどり着きました。

このままでは使い物にならないという事で速攻「復元」してみました。

復元の手順についてはアップルサポートページの「iTunes:iPhone、iPad、または iPod touch ソフトウェアのバックアップ、アップデート、および復元」が参考になります。

サポートページのスクリーンショットは何故か英語ですが、実際はちゃんと日本語表記されます。


さあ、復元が完了。バックアップしたデータを戻して・・・。

あれ、エラーがでてバックアップデータが戻せない。

しかたないので、同期にてアプリなどを書き戻しました。

もしメモ帳などに重要な情報を記載している人はクラウドのサービスなどを利用して別にバックアップしておいた方がいいかもしれません。


さて、肝心のバッテリーの持ちですが、、、うん良くなってます。

もう少し使ってみないと詳細はわからないですが、少なくともスリープ状態で一晩置いててもバッテリー切れにはなりませんでした。

【関連エントリー】
- 第2世代iPod touchにiOS4.1を入れると少し動きが良くなった。
- UbuntuにHandBrakeをインストールする方法。
- AVCHDビデオカメラで撮影したHD動画の形式を変換する。(その1)
- 「Huawei E5830」で「b-mobileSIM U300」を使う
- スマートフォンを安く所持する方法②


FC2blog テーマ:iPhone/itouch - ジャンル:携帯電話・PHS

【2010/09/13 22:33】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック