お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Pocket WifiやE5830といったモバイルルーターを購入するより、HT-03A&テザリング機能を使う方が良いかも?ということでテザリング機能の操作方法をご紹介いたします。

必要なのは以下の3つ。

1,rootを取得したHT-03A。

2,バージョン2.1以上のカスタムROM。
(あらゆるものを試した訳では無いのですが、Ver.1.5では動きませんでした)

3,「Wireless Tether for root」というアプリ。

root取得やカスタムROMの導入については以下のエントリーを参照ください。
「HT-03Aにandroidバージョン2.1のカスタムROMを導入する①(root化)」

導入方法はとても簡単で、まずはアンドロイドマーケットで「Wireless Tether for root」というアプリを探してインストールします。
teth1png.png

あとはアプリを起動すればHT-03Aがモバイルルータに早変わりです。
緑色の電波のマークをタッチすればON、OFFが切り替えれます。
teth2.png

色々な設定もできますが、変更するのは以下の4つぐらいかと思います。
「Enable WiFi-Encryption」:チェックするとWEPセキュリティを導入できます。
「Change Passphrese」:WEPのパスワードを変更できます。
「Change SSID」:SSIDを変更できます。
「Enabele Access-Control」:無線LANに接続を許可するかどうかを機器ごとに選択できます。
3.png

通信速度もちゃんとでますのでモバイルルーターとしての使い勝手は問題ないうえに、普段はスマートフォンとしても通信できるのでとても便利かと思います。

Androidバージョン2.2(FroYo)ではこのテザリング機能が標準サポートされているとの事なのですが、まだ試せていません。CyanogenMod-6.0.0 RC2でもあいかわらずテザリングはUSBでの有線だけでした。早く試してみたいです。





FC2blog テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

【2010/07/27 23:36】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック