お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料で動作の軽いUbuntuを使うことでお金をケチって古いPCを使い続けている私ですが。

ビデオカメラは購入当時に世に出始めたばかりのハイビジョン対応のものを買ってしまいました。

それはPanasonicのHDC-SD1というビデオカメラで、AVCHD形式のハイビジョン動画に対応した一番最初のものだったと思います。

AVCHD対応のビデオカメラを買ったものの、当時は対応するソフトウェアが少なく、要求スペックも高くといった感じでした。ましてやUbuntuで動かせるわけもなく自分のPCで再生や編集することはできない状況でした。

まあいつか買い換えるから大丈夫だろうと思っていましたが、未だにPCは買い換えておらず、元気に動いております。

そこで時代も移り変わったのでUbuntuでもイケるかなと調べてみたところ、なんと普段から愛用している動画再生ソフトが対応している事が判明しました。

そのソフトの名は「VLC media player」です。Windows版やMac版もあるたくさんのフォーマットに対応したソフトです。まさかAVCHDにも対応しているとは思ってもみなかったです。

Ubuntuでのインストール方法はとても簡単。「Ubuntuソフトウェアセンター」から「VLC media player」を検索してインストールするだけ。
VLC2.png

あとはビデオカメラのSDカードから動画ファイルを探し出して再生するだけ。(HDC-SD1の場合はSDカードの中を「PRIVATE」→「AVCHD」→「BDMV」→「STREAM」とフォルダを開けていけば拡張子が「.MTS」というファイルが見つかります。それが動画ファイルです。)

早速、私もドえらい古いPen4のPCで再生してみました。

ファイルを開くと・・・・、おーーー。無事に画像が表示されました。再生ボタンを押すと・・・・、残念、再生はカクカクで見れたものではありませんでした。

いやそれでもちゃんと見れるだけでもありがたいです。もう少しスペックが高ければ十分再生できそうです。


FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2010/07/25 22:30】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック