お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、書き換えてみたAndroid2.2(FroYo)のカスタムROM「FroYo SPF Connection v2.5.1」のバージョン2.8がリリースされているようだったので試してみました。

まずROMを以下のサイトからダウンロード。
[ROM]FroYo SP French Connection v2.8 100% [10/07]

ダウンロードするファイルは以下の2つ。
「FroYo SP French connection v2.8-Qwerty-signed.zip」
「SPF v2.7 Azerty-Launcher-signed.zip」

ダウンロードできたらHT-03Aに挿入されているSDカードにコピーし
前回と同じ流れで

ホームボタン&電源押しでリカバリーモードで立ち上げ。

Wipe

「Flash zip from sdcard」を選択し
「FroYo SP French connection v2.8-Qwerty-signed.zip」
「SPF v2.7 Azerty-Launcher-signed.zip」の順で実行

なんとなく前回「やればデキる子!ガンバレHT-03A」さんのところからダウンロードした「update-template.zip」も実行しておく。

再起動すれば完了。

起動時に「DROID」と表示されたので、一瞬、間違えてモトローラのDROID用のROMを焼いてしまったかと思いました。

無事に起動するとこんな画面です。
top1.png
前回の毒々しいイメージから一転、とてもギャルギャルしい感じです。

menu1.png
メニューの日本語表記もバッチリです。

Wifiも無事に接続できました。APNが保存できないのは相変わらずだったので3Gでの接続はできないのかもしれません。

HT-03Aでの完成度の高いFroYoはもう目の前という感じですね。




【2010/07/10 23:26】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック