お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleのブラウザの「Google Chrome」というものがありますが、ちょっと前に使って見ようと思った時はUbuntuでの正式版が無かったか何かで使うのを見送っていましたが、以下のニュースを見て、ありがたいことにLinux用の正式版がリリースされたことを知りましたのでちょっと使ってみようと思いました。

CNET Japan「グーグル、MacとLinux向け「Chrome」安定版を発表」
CodeZine「「Google Chrome 5.0」安定版リリース 同期機能を追加、スピードも向上」

導入はとても簡単でした。

まず、Googleのトップ画面に行って「ブラウザ」をクリック。
chrome_1.jpg

次のページでは右の方にある「Google Chromeをダウンロード」
chrome_2.jpg

最後に32bit・64bitとdeb・rpmの選択をすればOK。
OSがUbuntuの場合はdebの方を選びます。(横にDebian/Ubuntuと書いてあります)
chrome_3.jpg

ダウンロードしたDebパッケージをダブルクリックした後に「インストール」ボタンを押せばインストールが始まります。

インストールが完了すれば、「アプリケーション」メニューの中の「インターネット」にChromeが追加されているので、そこを選んで起動すればChromeが使えます。

Firefoxに比べるとちょっとサクサクな感じです。

ただ、Firefoxもクリーンインストール直後はサクサクしていた気がするので、しばらく使ってみないと比較はできないかなという感じです。

Firefoxの便利なアドオンの代わりがあるかどうかも気になるところです。


FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2010/05/27 23:19】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック