お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、携帯端末をいつでもどこでもインターネットにつなげるようにして、低費用で「スマートフォン」ライクにする方法のひとつである、「Huawei E5830」で「b-mobileSIM U300」を使う方法についてご紹介します。

まず、海外のPocket WiFiである「Huawei E5830」を入手します。

YahooオークションでE5830を検索すると色々と出てきますので、そこで購入するのが一番早いと思います。
今現在の相場は1万5千円以下になっているようです。

Yahooオークションより少し割高になりますが、ガジェット系のものを取り扱っている店などでも購入できる場合があるようです。


入手したら、必要に応じてファームアップします。
(古いファームだとWeb 経由で設定変更機能ができなかったりする模様)
ツールや方法については以下のサイトがとても参考になります。
Quadrer53's Roomさんの「Huawei E5830のFirmwareアップデートCommentsAdd Star」


次に「b-mobileSIM U300」が使えるように設定します。

ファームがWeb 経由で設定可能なバージョンになっている場合、まずE5830にSIMを入れ、ACアダプタをつないで完全に充電します。
電源を入れた後にWiFiボタンを押して、青色のWのランプを点灯させます。
ノートPCなどでE5830のSSID、パスワードを入れてWiFiでつなげた後は、以下サイトの「2.WEBブラウザから設定」の設定で簡単・バッチリ・OKです。
Mobile Fan blogさんの「モバイルWiFiルーター華為E5830、APN設定(b-mobile U300利用)」


これでもう使えるようになっているので、後はiPod touchのWiFi設定をしてE5830と接続すれば、iPod touchがいつでもどこでもネットにつなげる「スマートフォン」ライクな端末になります。


もし、SSIDやパスワードを変更したい場合、WiFiや3Gの自動切断の設定をしたい場合は、APNの接続をした時と同じWEBブラウザの設定画面で変更できます。
5830.jpg

・SSIDの変更:Advanced Setting→WLAN Setting→WLAN Basic Setting→SSID
・SSIDパスワードの変更:Advanced Setting→WLAN Setting→WLAN Advanced Setting
・WiFiの自動切断:Advanced Setting→WLAN Setting→WLAN Basic Setting→WiFi Auto OffとWiFi Off Time
・3Gの自動切断:Advanced Setting→Dial-up Setting→Connection Setting→ConnectionとMax Idle Time

WiFiや3Gを自動切断の設定にしておけば、通信がされていない状態が続いた時に自動的に切れるのでバッテリーが長持ちして便利です。




FC2blog テーマ:Pocket WiFi - ジャンル:携帯電話・PHS

【2010/05/22 20:58】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック