お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スマートフォン市場がとても活気付いています。

スマートフォンは携帯電話のようなサイズでありながら、家のPCでインターネットにつないでやるような事はすべてできてとても便利なので、是非持ち歩きたいところですが、費用がかかるのが難点です。

じゃあ、初期費用や月々かかってくるランニングコストはどのぐらいなのかというと?

今、売れているソフトバンクのiPhone・Desire、ドコモのXperiaを最初に本体買い取りすると6~7万円ぐらいします。

それでいて、月々の料金はiPhone、Desireで6000円ぐらい。Xperiaは7000円ぐらいする事になります。
*料金に関してはtamaken's IT Life Blogさんの
「HTC Desire の料金は? ~ iPhone・Xperiaとの料金比較」のエントリーがわかりやすいです。

本体を分割払いにして、実質的に本体分を値引いてしまうような制度もありますが、解約時に一万円ぐらいの違約金を払わされるうえに、その時点で残りの分割料金を一括払いして本体を買い取らなければならなくなります。

本体を最初から買い取っても、分割にしても、一年間ぐらい使って解約するとした場合はトータルで15万円ぐらいの費用がかかる事になります。

分割してるから気付きにくいですが、一年で15万ってヒエーッ!って額ですよね。

というように高額な費用がかかるスマートフォンですが、低費用で所持する方法があります。
それはb-mobile(日本通信)という会社の商品である「b-mobileSIM U300」を使うことです。

この「b-mobileSIM U300」はdocomoの通信網でのデータ通信が使い放題で月額2500円程度という商品です。
ただし、携帯端末などは付いてなくて、携帯の中に入っているSIMカードというものだけになります。

SIMカードだけでどうするの?となってしまいますが、このSIMカードを入れる本体さえあれば、月額2500円という非常に安いランニングコストでスマートフォンを所持できる事になります。

具体的な機種や方法についてはまた次回紹介します。




FC2blog テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

【2010/05/15 18:50】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック