お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついにUbuntu 10.04 LTS Desktop 日本語 Remixがリリースされましたので早速インストールしようと思います。

そうはいってもメイン環境のUbuntu9.10をアップグレードしてアプリなどが動かないといった不具合がでるのも嫌なので、またまたサブ使用しているEeePC901にインストールする事にしました。

まずは以前のエントリーで紹介した方法を使って、LiveCDのisoファイルからLiveUSBを作成します。

Ubuntu10.04のLiveCDのisoファイルからLiveUSBを作る。

Ubuntu10.04のLiveCDのisoファイルからLiveUSBを作る②(Windows編)

あとはLiveUSBをPCに差し込み、USBからブートしてUbuntuを立ち上げ、デスクトップにあるインストーラーをクリックしてインストールするだけです。

ちゃんと計測はしていないのですが、インストールは結構速くで20分もかからなかった気がします。

初期の状態でまったく問題は無く、Wifiもちゃんと認識されるのですぐにネットに接続できます。


Firefoxを立ち上げてみると、ちゃんとデフォルト検索エンジンはGoogleになっていました。いろいろと心配もしましたが正式版でGoogleになっているのを見て一安心です。
Ubuntu10.04のデフォルト検索エンジンはGoogleにもどるらしい!

google_1.jpg



次にiPod touchを接続してみましたが、こちらは残念な事に何にも反応が無く、Ubuntuでも簡単にiPhone、iPod touchの音楽や動画を管理するという夢はついえてしまったようです。
Ubuntu10.04 α3でiPhoneやiPod touchの音楽や動画を管理できる!?

とりあえず、しばらくはEeePCで試してみて、いずれはメイン環境も10.04に置き換えてブリブリ使っていきたいと思います。


FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2010/05/08 23:10】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック