お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ubuntu10.04もBeta2がリリースされて正式版のリリースもまもなくとなってきました。

今回はテーマが新しくなっていることもあってDaily Build版なども試してみたので、何回もLiveCDのisoファイルをダウンロードしました。

このisoファイルですが、いちいちCDに焼いているとCDがもったいないので、USBメモリに入れてそこから起動することのできるLiveUSBが作れると無駄が省けるなと思いました。

そのやり方をググってみても意外と見つかりませんでした。(当たり前過ぎる内容なのかも・・・)しかし、非常に簡単にLiveUSBが作れる方法がありましたので備忘録もかねて紹介いたします。

まず、Ubuntuでやる場合です。

1,最初にLiveCDのisoファイルをダウンロードしておきます。

2,既にインストールしてあるUbuntuでも、LiveCDで起動したUbuntuでも良いので、画面上部にある「システム」から「システム管理」→「USBスタートアップディスクの作成」を選びます。

3,「スタートアップディスクの作成」というアプリが立ち上がりますので、上のプルダウンメニューでisoファイルを選択し、下のメニューでLiveUSBを作りたいUSBメモリを選びます。
liveusb.jpg

準備できたら右下の「スタートアップディスクの作成」を押します。

アッという間にLiveUSBの完成です。出来上がったLiveUSBをPCに差して、USBブートすればLiveCDと時と同様にUbuntuが立ち上がります。

次回はWindows上での簡単作成方法をご紹介します。


FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2010/04/20 21:59】 | Ubuntu
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック