お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iOS6でマップがGoogleマップからAppleのマップになり、使い勝手が悪いという事がすごい話題になってました。

確かにAppleのマップの使い勝手はGoogleマップと比較すると悪いですよね。

ただ、未だにGoogleはiOS用のマップアプリをリリースしてくれないので、なんとか代替手段を考えなければなりません。

という事で色々と試しましたが、私の結論としては「WEB版Googleマップ」と「mapipo 6」の併用がベストかなとなりました。

「WEB版Googleマップ」は言わずと知れたブラウザで見るGoogleマップで、これはiOS5までのiPhoneのマップとほぼ同じ事ができます。
が、使っていて一点気になるのは、動いている時に常に現在地を中心としてマップを自動スクロールしてくれない事です。

都度、現在地ボタンを押せばすぐに現在地を中心にした表示になってくれるのですが、移動しながら周辺検索を行うときなどにちょっと面倒くさいです。

という事で移動中に周辺検索を行うときだけは「mapipo 6」という使い分けをするのがよいかと。

「mapipo 6」はAPPBANK「mapipo 6: Googleマップが使えるマップアプリ。経路検索とストリートビューが使いやすい!無料。」というエントリーに詳しく機能が紹介されておりますが、このアプリ単体でiOS5までのiPhoneマップの代わりなるぐらい優れた無料のマップアプリです。

通常画面では広告が表示されてしまうのですが
mapipo6_1.jpg


全画面表示にすれば広告も消えますし、iPhone5の大きい画面いっぱいでマップがみれるのでとても便利です。
mapipo6_2.jpg


が、使っていて一点気になるのは、周辺検索した時に検索された候補を詳細に調べる事ができないのがちょっと不満です。

Googleマップなら検索して出て来た候補をクリックすれば詳細情報画面に切り替わり、さらに知りたい場合はURLをクリックして詳しく調べることができましたが、mapipo 6ではそれができないんですよね。

この点さえクリアになればmapipo 6だけでもOKな感じなんですが、頑張って欲しいです。

本家本元のGoogleからのアプリも待ち遠しいですね。

【関連エントリー】
- SIMフリーiPhone5+通信契約とauやSoftbankのiPhone5はどっちがお得か?!
- auのiPhone5の通話料を最も安くするIPフォンはどれだ?
- Skypeのプリベイド料金が一番安いのはどの国の通貨か?
- マクドナルドのiPhoneアプリはキャリアメールじゃなくても(Gmailでも)使える!
- BIGLOBEの「ほぼスマホ」付きの3Gデータ通信はお得なのか?





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:iPhone5 - ジャンル:携帯電話・PHS

【2012/10/27 21:42】 | iPhone
トラックバック(0) |