お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついにb-mobileからもLTEのサービスが発売されました。

その名も「カメレオンSIM」

なんとも不思議なネーミングで来ましたね。

「カメレオンSIM」は利用期間や通信速度が異なる3つのチャージプランから好きなプランを選んで使えるよ、というサービス。

以前「hi-hoからもSIM単体で契約できるLTEサービスが登場。iijmio,b-mobileと比較してどっちが得か?」のエントリーでIIJmioとhihoのLTEサービスを半年間利用した場合の料金を月ごとのデータ量別で比較しましたが、同じ条件で「カメレオンSIM」も比較してみたいと思います。

1,b-mobile4G カメレオンSIM フラット3W+オートチャージ フラット1M
実質月額:(初回5,800円+チャージ5,400円×6回)/6ヶ月
100~500MB/月の場合すべて:6,367円

2,b-mobile4G カメレオンSIM フラット3W+オートチャージ Fair 1GB
実質月額:(初期費用5,800円+チャージ5,400円×必要回数)/6ヶ月
100MB/月の場合:2,767円
200MB/月の場合:2,767円
300MB/月の場合:2,767円
400MB/月の場合:3,666円
500MB/月の場合:3,666円

という事で「hi-hoからもSIM単体で契約できるLTEサービスが登場。iijmio,b-mobileと比較してどっちが得か?」のエントリーにあるIIJmioとhihoのLTEサービスと比較すると

300MB/月の場合においてのみ、若干ですが「2,b-mobile4G カメレオンSIM フラット3W+オートチャージ Fair 1GB」が一番お得になる事がわかりました。

まとめると通信量200MB/月以下のユーザーは「hi-ho LTE typeD」がお得。
300MB/月のユーザーは「b-mobile4G カメレオンSIM フラット3W+オートチャージ Fair 1GB」がお得。
400MB/月以上のユーザーは「IIJmio高速モバイル/D ファミリーシェア1GBプラン」がお得という事ですね。

いやしかし、どこのサービスも複雑ですね。
競合対策や採算性などを熟慮しての結果なんでしょうけど、もう少し分かり易い商品を提供して欲しいものです。

【関連エントリー】
- Windows Phoneを使いたくなった場合の選択肢。
- hi-hoからもSIM単体で契約できるLTEサービスが登場。iijmio,b-mobileと比較してどっちが得か?
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!
- 「基本料0円SIM」の用途ならWiMAXの白ロムを持っといて「UQ 1Day」を使った方がいいのでは?
- b-mobile1GB定額が遅すぎるので他のSIM単体契約が可能なデータ通信サービスを色々と比較する!


スポンサーサイト

【2012/03/28 00:08】 | 高速データ通信
トラックバック(0) |