お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、かなり普及してきた充電電池のエネループを見て気付いたのですが

エネループには単3サイズ、単4サイズしかなくて

単1サイズ、単2サイズの電池として使いたい時はスペーサーというアダプタのようなものを

単3サイズに装着することで単1サイズ、単2サイズの電池として使えます。


このスペーサーですが

単1サイズは単3電池のマイナス極側以外を覆うアダプタになっていますが

単2サイズのスペーサーは、単3電池をただデブくするだけのもので

プラス極もマイナス極も単3電池のものをそのまま使う事になってます。

この単2サイズのスペーサーを見て

単2電池と単3電池の長さが同じ事にやっと気付きました。


つまり単2電池は、単3電池のまわりに紙か何かを巻きつけて

単2電池と同じ太さにすれば問題なく使えるので買い置きする必要がないという事になります。
(もしかしたら細かい点で問題があるのかもしれませんが、やってみたところ普通に使えてます)

日本中の人がすでに知っていることかも知れませんが

自分に取っては大発見なので節約ネタとして紹介させていただきます。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2010/01/24 22:49】 | 節約
トラックバック(0) |