お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古いPCを入手、または引っ張り出してきてubuntuを入れようとするものの
既にそのPCにはWindowsが入っている場合がほとんどだと思います。
仕事の都合でWindowsも使えるようにしたい!けどubuntuを使いたい!
そういった場合は共存させてしまうのが一番です。

さて、共存させる方法ですが非常に簡単です。
前回少し説明している普通のインストール方法で進めてもらい
途中にある「ディスクの準備」のところでちょろっと設定するだけです。

通常はCドライブにWindowsが入っていて、そのCドライブのWindowsの容量を半分にして残りの半分にubuntuを入れたいというのが一般的だと思います。
その場合は「ディスクの準備」の画面にある「ガイド・・・・リサイズして空き容量を使う」のすぐしたにあるスライドバーをずずいと動かしてWindowsの容量を半分にして、次へ進めば良いだけです。
最新のubuntu、8.10ではドライブの状況がBeforeとAfterで表示されるようになっていて更にわかりやすくなっています。



これでインストールを進めれば、自動的にGrubというブートローダでWindowsも選択できるようにインストールができます。普段はubuntuを使いつつ、必要な時だけWindowsという環境ができあがりです。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

【2008/10/31 23:33】 | Ubuntu
トラックバック(0) |