お金について日々考えてます。お金の観点でUbuntuやスマートフォンについても少し・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんなニュースが飛び込んできました。

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに

ドコモが「iOSやAndroidはキャリアの自由度が低いからTizenOSをやっていくのさ」と期待していたTizenが開発停止か?との事です。

そもそもドコモはサムスンのハニートラップにでも引っ掛けられてTizenでやっていこうと決意しちゃったのかな?ぐらいな話だったのに、そのサムスンに手を引かれてしまうなんて。なんとも間抜けな話ですね。

まあiOSもandroidも長い時間掛けてやっと今の機能までたどり着いているんだから、今から新しいOSなんか搭載したらショボすぎて誰も使わないのも目に見えていたんで、結果としてTizen搭載機種をリリースしなくて済んだのはよかったんじゃないでしょうか。(どのぐらいのお金をゴミ箱に捨てちゃったのかはわかりませんが。。。)

ドコモには初心に帰って頑張って欲しいですね。

【関連エントリー】
- au LTEの通信量が7GBを超えない為にYouTubeの画質を落として再生する。
- チャイナショックはなぜ起こって、どんな事になるのか?
- ヨドバシカメラがエプソンと喧嘩?
- 旅行の宿をできるだけ安く予約したいなら12社の予約サイトを横断検索できる「H.I.S.国内の宿ホテル検索」が便利
- ワンセグ携帯テレビを買うなら、ガラケーかスマホの白ロムを買った方がお得?




スポンサーサイト

【2013/07/04 23:46】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
ガラケーとデータ通信専用のスマホの2台持ちをしていると、ついついガラケーを家に置き忘れてスマホだけ携えて外出してしまったりします。

そんな時に限って電話しなければならない用事が発生したりするので、そんな事態にも対応できるようにスマホも通話の発信ができるようにしておくと便利ですよね。

データ通信専用のSIMを挿したスマホであっても、IPフォンなら使用できます。

iPhoneで使えるIPフォンは色々ありますが、一番メジャーなのはSkypeです。

Skypeにも月額料金であったり、着信の電話番号を持てたりと色々なサービスがあるのですが、とりあえず固定電話や携帯電話に発信できればいいやという事であれば何円か分のプリベイドさえ購入すればすぐに電話を発信できるようになります。

そのプリベイド料金ですが色々な国の通貨によってお得度が変わりそうなのでちょっと調べてみました。

プリベイド料金でSkypeを使う場合、通話料と接続料というものがかかってきます。
通話料と接続料を合わせた固定電話にかける時の各通貨における1分の料金は以下の通り

円:13.1円
ユーロ:11.2セント
米ドル:11.5セント
韓国ウォン:149.0ウォン

これを2012年8月24日時点の為替レートで円にすると以下のようになります。

円:13.12円
ユーロ:11.04円
米ドル:9.02円
韓国ウォン:10.32円

という事でプリベイドは米ドルで購入するのが一番お得なようです。
まあほどんど使わないうえに1分の通話で数円しか変わらないですが
やっぱり損はしたくないですよね。

あとはFUSION IP-Phone SMARTであれば
月々の基本料金は不要で8.4円/30秒なので
そっちも使ってみたいですね。

【関連エントリー】
- マクドナルドのiPhoneアプリはキャリアメールじゃなくても(Gmailでも)使える!
- BIGLOBEの「ほぼスマホ」付きの3Gデータ通信はお得なのか?
- Amazon限定の魅力的な500MB/月1,980円のSIM。IIJmioから乗り換えるべきか。。。
- IIJmio高速モバイル/Dサービスの速度を再計測してサービス開始時と比較する!
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!







【2012/08/29 22:16】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
ソフトバンクが2012年4月4日以降に契約したプリモバイルには、契約から1年以内にMNPポートアウトすると契約解除料9,975円をもらうと発表し、ソフトバンクオンラインショップでのプリモバイル販売が休止してしまっていた事から、契約解除料無しのプリモバイルはもう手に入らないと勝手に思い込んでいました。

が、大手量販店などの販売量の大きい店にはまだまだ普通に在庫しているようで通常の価格で普通に購入できました。
PuriMobi.jpg

小さな携帯ショップなんかではボッタクリ価格を提示したりしているのに流石は量販店です。通常料金でガシガシ販売していました。やはり規模が違いますね。

契約解除料がかからないプリモバイルが欲しい人はあと4/1~3の三日間しかありませんが、大きな家電量販店などにダッシュですね。


プリモバイルは安いものだと2,079円で携帯電話本体が購入できて、3000円のチャージを行えば60日間の発信着信が可能。チャージが切れた後も360日間の着信ができるというすぐれものです。

ただ、最近は低い維持費で電話番号が持てるという利点よりも、MNPで他キャリアへ乗り換える踏み台としての価値のほうが高くなっていました。(各キャリアがMNPでの乗り換えユーザーに多額のキャッシュバックなどを用意して優遇しまくった為)

あまりに踏み台になり過ぎている事から契約解除料というものを設定したのだと思いますが、実際はソフトバンクの服を着た販売応援員が「買うなら今しかない」「在庫まだあります」といって契約解除料が発生する間際のプリモバイルを売りまくっているんだから変な話ですよね。

携帯キャリアを評価する指標が、契約の純増数ではなく契約者の維持率みたいなものに変わってくれれば少しは既存ユーザーへのサービスが良くなるかもしれませんね。携帯電話の市場が伸び続けている間は無理かもしれませんが。。。

【関連エントリー】
- b-mobileのLTEサービス「カメレオンSIM」とIIJmio、hihoのLTEサービスの6ヶ月の実質料金を比較してみる。
- Windows Phoneを使いたくなった場合の選択肢。
- hi-hoからもSIM単体で契約できるLTEサービスが登場。iijmio,b-mobileと比較してどっちが得か?
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!
- 「基本料0円SIM」の用途ならWiMAXの白ロムを持っといて「UQ 1Day」を使った方がいいのでは?





【2012/04/01 00:00】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
iOS、Androidはそれなりに使っているのにMicrosoftのモバイルOSは全く触った事がないんです。

Windows Mobileはなんとなく触りたいと思った事がなかったが、Windows Phoneは使ってみたいと感じてました。

という事で、できるだけお金は抑えつつWindows Phoneを使ってみるにはどんな選択肢があるのか調べました。

調査の結果、以下の3点が候補にあがりました。
1,Expansys「LG Optimus 7 E900」を購入する。
2,Clove「Nokia Lumia 610」を購入する。
3,ヤフオクや楽天オークションでauの「IS12T」を落札する。

「1,」の「LG Optimus 7 E900」は今日現在Expansys Japanで\17,836で販売されており、送料入れてちょうど2万円ぐらいになります。

「2,」の「Nokia Lumia 610」は今日現在Cloveで190ポンドで販売されており、送料入れてちょうど2万9千円ぐらいになります。

「LG Optimus 7 E900」「Nokia Lumia 610」はdocomoのSIMを入れて使えるようなので、現在IIJmio高速モバイル/Dサービスを利用している私にはピッタリと思ったのですが、どうやらFOMAプラスエリアには対応していなさそうという事があったり、そもそも技適を取得している端末ではないので法的にはIIJmioのSIMを入れて日本で使っちゃダメという事になるのがネックとなります。

となると、清く正しく方を遵守している私がWindows Phoneを使うには「3,」しかないという事になります。
(「HTC HD7」という機種が技適を通過しているという情報がWindows Phoneのことだけを書いているブログ「ななふぉ」「HTC HD7 が技適を通過した件」というエントリーで紹介されており、「HTC HD7」を海外サイトで購入して使うという選択肢もあったりするのですがちょっと高いんですよね)

auの「IS12T」の白ロムはオークションで15,000~20,000円ぐらいで取引されており、入手費用は一番抑えられるんですが、モバイルルーターを使わないとIIJmio高速モバイル/Dサービスが使えないというのが寂しいところです。

【関連エントリー】
- hi-hoからもSIM単体で契約できるLTEサービスが登場。iijmio,b-mobileと比較してどっちが得か?
- (レビュー)IIJmio高速モバイル/Dサービスの「ファミリーシェア1GBプラン」を試す!!
- 「基本料0円SIM」の用途ならWiMAXの白ロムを持っといて「UQ 1Day」を使った方がいいのでは?
- b-mobile1GB定額が遅すぎるので他のSIM単体契約が可能なデータ通信サービスを色々と比較する!
- AtermWM3600Rが物欲をそそる、けど料金はわかりにくい。調べてみた。






【2012/03/24 21:51】 | スマートフォン
トラックバック(0) |
iPhone5がauから発売されるとのニュースが世間を賑わしてます。

(参考記事)日経ビジネスオンライン「KDDI、「iPhone5」参入の衝撃

以前、「auの新周波数切り替えで携帯が使えなくなる件の対応が何か嫌だ!」「一部のauのケータイが2012年7月に使えなくなる件の対応について」のエントリーで書いた通り、auは周波数が使えなくなるからという一方的な理由で大した特典もなくケータイの機種変更を促してくるといったユーザーの事をあまり考えていないような対応をしています。

もうすっかりソフトバンクのiPhoneに乗り換えるつもりでしたが、auから発売されると聞いてしまうと心が揺らぎます。情けない話ですが。。。

周波数変更による機種変対象ユーザーだけのiPhone5特別割引なんてないだろうなー。

もしあったら気持ちよく機種変できるんだけどなー。

【関連エントリー】
- SIMフリーやdocomoのスマートフォンで使うb-mobileのSIMの中では「1GB定額」が最強ではないか!?
- 新車を買う時の値引き方法!
- 米amazonでGoogle TV「Logitech Revue」を購入すれば自宅のTVがネット対応に!
- 家電量販店での値段交渉系の記事は「これだっ!」というヤツがない!
- 家賃が高くなったとしても結局は得をする可能性がある?!






FC2blog テーマ:au - ジャンル:携帯電話・PHS

【2011/09/23 22:57】 | スマートフォン
トラックバック(0) |